アイコンOK ◆◆◆◆◆建 設 業 の 許 可 取 得 を お 手 伝 い◆◆◆◆◆
【広告】建設業許可の申請 個人 100,000円!スグに対応いたします!

きちんと連絡しっかりサポート!くりくり行政書士事務所にお任せください

廃棄物に関する専門的な用語のなかで、漢字を見ただけでは何の事かさっぱりイメージ出来ないような、分かりにくい言葉って結構ありますよね。

この「專ら物」もそのひとつではないでしょうか。「もっぱらぶつ」と読むのですが、この読み方もあまり一般的では無くて、馴染めない感じがするかもしれません。

ここでは色々と誤解されていることの多い、専ら物について見ていきます。

専ら物とは

専ら物とは、

「廃棄物であって、專らリサイクルの目的となる産業廃棄物または一般廃棄物」

の通称です。具体的には古紙くず鉄空き瓶古繊維4品目をいいます。

これらの4品目は昔から収集運搬をしている小規模な事業者が多く、現在のリサイクルのもとになる活動や機能を果たしていました。そんな小規模事業者への配慮として、現在の廃棄物処理法の厳しい規制の適用を一部緩和することになったと言われています。

いわば廃棄物処理法の特例措置というわけです。

・専ら物のみの収集運搬を業として行う会社は収集運搬業の許可が不要
・専ら物のみの処分を業として行う会社は処分業の許可が不要
・上記2つの会社に委託するときはマニフェストの交付が不要

 

どういうところが曖昧で誤解されやすいのか

専ら物

 

①専ら物は特例が認められた廃棄物であること

専ら物は廃棄物です。一部の規制が免除されるという特例措置の廃棄物なのです。廃棄物でなくなるのは有価物として価値が認められた時です。

 

②対象物と委託先が合致した時、専ら物

対象4品目であればそれだけで専ら物だと思われやすいのですが、特例措置は専ら物のみ扱う事業者を配慮する方針です。品目と事業者が合致しなければ特例とはなりません。

例えば、空き瓶を最終処分場に出して埋め立ててしまったらリサイクルにならない(最終処分場は専ら物のみの処分を業としていない)ため対象外です。

 

③専ら物は契約書が必要

アイコンNG「許可不要」「マニフェストの交付不要」とくると、なんとなく勢いで「契約書も不要」で、「ああ〜専ら物って、めんどくさいのが全部いらなくてホント楽!?」

 

なんて誤解してませんか?

勘違いしやすいかもしれませんが、委託契約書は交わす必要があります。お忘れなく。

委託契約書についてこちらで解説しています ⇒ とっても大事!委託契約書の全体像

 

④マニフェストは不要だけど最後まで確認は必要

排出事業者責任はありますので、専ら物が最後まで確実に処理された事を確認しなければいけません。少なくとも委託先でリサイクルされたというところまでは責任をもつ必要があります。

責任とは終了報告を受けることです。③で説明した委託契約書には「委託業務終了時の受託者の委託者への報告に関する事項」を記載する必要があります。

委託契約書の雛形には「終了報告はマニフェストで代える事ができる」などと書いてあることが多いですが、マニフェストの交付が不要なため、別途業務終了報告の方法を決め、契約書に記載しましょう。

マニフェストについてはこちらで解説しています ⇒ マニフェスト制度とは?

廃棄物を運搬業者に渡して終わり、というわけにはいきません。

 

まとめ

以上のことをキーワードとしてまとめてみます。

  • 専ら物は廃棄物
  • 古紙、くず鉄、空き瓶、古繊維の4品目
  • 専ら物のみを業とする業者にわたすこと
  • 許可は不要、マニフェストの交付不要、でも契約書は必要
  • 終了報告が必要

いかがでしたか、誤解されていた部分はありませんでしたか。間違った解釈で運営すると法律違反となるケースもありますので注意しましょう。

同じようによく勘違いされているものに下取り行為があります。
⇒ しってた?下取り行為の5条件

是非参考にしてください。

アイコンOK【広告】建設業許可新規100,000円〜OK! スグに対応いたします!
迅速・丁寧・わかりやすく説明します!許認可申請のことなら、くりくり行政書士事務所にお任せください!

あなたの求める情報はこのページにありましたか。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
 私は、静岡県以外にお住まいの方たちを含めて、全国のみなさんにお役に立てる情報を提供するべく、少しずつではありますが、知っていることの全てを共有しようとコツコツ記事を発信しています。
しかしながら、
行政の出す許認可の申請は揃える書類も膨大で、初めての方では迷うポイントも多く一筋縄ではいかない場合が多いです。
 また、都道府県、市町村によって求められる書類が違うという現状もあります。

もしあなたがビジネスを大きく成長させるために許可を取ることを決意されたのであれば、お手伝い出来る可能性が高いです。

 あなたの熱い想いをサポートさせてください。なるべく最短で実現できるよう、私も全力で取り組むことをお約束します。
細かくて面倒な書類の収集作成は私に丸投げして、その時間をまるまる、あなたしか出来ない事業拡大への営業活動にあててください。

静岡県内全域ご対応いたします。

熱いご依頼をお待ちしております!