アイコンOK ◆◆◆◆◆建 設 業 の 許 可 取 得 を お 手 伝 い◆◆◆◆◆
【広告】建設業許可の申請 個人 100,000円!スグに対応いたします!

きちんと連絡しっかりサポート!くりくり行政書士事務所にお任せください

皆さんの家のまわりには、「ご家庭の不用品、なんでも無料で引き取ります」という軽トラックが周回していたり、道路沿いの空き地に「無料回収」ののぼり旗をあげて家電品などが集められていたりしませんか。

実はこれらはほぼ全てが、無許可で行われている違法行為です。
無料だからと安易に依頼しないようにしましょう。

この記事では、なぜこのような不用品回収業者に依頼してはいけないのかを解説していきます。

許可を持たない業者

一般家庭からの不用品(=廃棄物)を回収し運ぶには、一般廃棄物収集運搬の許可が必要です。

廃棄物の許可には一般廃棄物処理業の許可と産業廃棄物処理業の許可がありますが、軽トラックの業者や、空き地に集める業者がこの許可をもっているとは考えられません。

一般廃棄物処理の許可

一般廃棄物処理業の許可は市町村が認めるものですが、通常この募集は行っておりません。怪しい不許可業者だけでなく、もっとしっかりした運営を行っている企業もこの許可をなんとか手に入れたいと考えていますが、滅多に手に入るものではないのです。

産業廃棄物処理・古物商の許可

また、「産業廃棄部処理の許可を持っている」もしくは「古物商の許可をもっている」ことで納得させようとするケースも有るようですが、これらの許可をもっていても回収できません。

産業廃棄物処理業許可は工場や企業からでた廃棄物のための許可です。
一方、古物商の許可は、中古品を売買するための許可です。

軽トラックや広場に集める目的には使えない許可ですので、無許可業者ということになります。

 

無許可業者の言い分

しかしなぜこんな行為が横行してしまうのかというと、法律の解釈によるグレーゾーンとされる部分があるからです。

業者は廃棄物ではなく、有価物を運んでいるという言い分です。有価物とは文字通り、価値のあるモノのことです。

実際には廃棄物か有価物かは、その物の

  • 性状
  • 排出の状況
  • 通常の取扱形態
  • 取引価値の有無
  • 占有者の意思

を総合的に考えて判断するという事になっていますので、簡単に決められるものではありません。言い方を変えると、曖昧な表現でとどまっているのです。

業者はこの部分を逆手に取って、運んでいるものが「有価物ではない」という確実な判断がされにくいので規制されないという言い分をもって堂々と営業しているのです。

なぜ無許可だといけないのか。

そもそも許可はそれなりの必要な知識や設備や要件を満たした業者に与えられるものです。

そして許可業者は適正に廃棄物を処理するために書類等を残す必要が有り、何かあったら責任を追求されるため、公的に管理されていると言えます。

無許可の業者は、法律のグレーゾーンを盾に自分の利益追求のためにやりたい放題出来てしまいます。お年寄り相手に壊れたテレビはタダで引き取るといいつつ、2階から運び出す手間賃を5万円請求されたなどということもあります。

真面目な無許可業者もいるかもしれませんが、もしその人が本当に適正に廃棄物を処理していたとしても、それは誰にも確認できません。きちんとやるなら許可が必要です。

 

不適正な処理の種類

無許可業者が行う処理には次のようなものがあります。

不法投棄

これが一番多いのではないでしょうか。山林や河川、海岸など、人目のつかないところに不法に置き去りにされています。

自分の土地に不法投棄されたら

非常に腹立たしいことに、もしあなたの所有地に不法投棄されてしまったら、その犯人を探して特定するか、特定できない場合はあなたが自費でゴミを撤去しなければなりません。

市は行政機関として処理方法の相談や、不法投棄防止対策の紹介などはしてくれますが、個人の土地の不法投棄物は撤去してくれません。

公の土地に不法投棄されたら

一方、国や県や市町村などが管理する土地に不法投棄されたら、もちろん犯人を探すのですが、見つからなければ行政が片付けます。
行政が片付けるということはつまり、不法投棄物の撤去にかかる費用は税金が使われます。本来なら不法投棄をした者が支払うべきものに私たちの税金が使われてしまうのです。

 

不適正処理

環境破壊の原因となるフロンガスなどは、回収してから適正に処理されるべきものですが、無許可業者はそんなことお構いなしで重機でガンガン壊して潰して積み上げます。
売れそうな部分だけ抜き取り、あとは構わず壊すというような、環境を無視した処理が横行しています。

 

不適正な管理での火災

雨ざらしの野積みで放置されたりすると、廃家電の電池などから発火し、火事になる危険性があります。家電品ではなくても、夏の暑い日に積み上げられた古タイヤが熱を持って発火し、何日も燃え続けたというニュースを見たことがある方もいるのではないでしょうか。

まとめ

いかがでしょうか。

無許可で営業する不用品業者に依頼するのはその場では安くて便利に感じるでしょう。要らないものがなくなってサッパリするかもしれません。

しかし一歩引いて全体を見てみると、いい事はひとつもないように思います。

廃棄物には色々なものがあるので法律が対応しきれないという事が原因のひとつですが、決められたルールを守ることで法律も変わり、もっと便利な世の中になっていくのではないかと思います。

 

 

 

アイコンOK【広告】建設業許可新規100,000円〜OK! スグに対応いたします!
迅速・丁寧・わかりやすく説明します!許認可申請のことなら、くりくり行政書士事務所にお任せください!

あなたの求める情報はこのページにありましたか。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
 私は、静岡県以外にお住まいの方たちを含めて、全国のみなさんにお役に立てる情報を提供するべく、少しずつではありますが、知っていることの全てを共有しようとコツコツ記事を発信しています。
しかしながら、
行政の出す許認可の申請は揃える書類も膨大で、初めての方では迷うポイントも多く一筋縄ではいかない場合が多いです。
 また、都道府県、市町村によって求められる書類が違うという現状もあります。

もしあなたがビジネスを大きく成長させるために許可を取ることを決意されたのであれば、お手伝い出来る可能性が高いです。

 あなたの熱い想いをサポートさせてください。なるべく最短で実現できるよう、私も全力で取り組むことをお約束します。
細かくて面倒な書類の収集作成は私に丸投げして、その時間をまるまる、あなたしか出来ない事業拡大への営業活動にあててください。

静岡県内全域ご対応いたします。

熱いご依頼をお待ちしております!