静岡県での建設業許可・産廃業収集運搬は、くりくり行政書士事務所にお任せください!
建設業許可自動診断
許認可お役立ちブログ
  • HOME »
  • 許認可お役立ちブログ »
  • »
  • 農地転用

農地転用

農地法3条|農地を取得したら誰が届け出る?

  農地を取得したら届け出る義務があります。農地を適正かつ効率的に利用するために農業委員会が情報を把握したいという趣旨からです。 ここではその農地取得の届出義務者はだれか、ということについて説明していきます。 …

農地法3条|農地を取得したらいつまでに届ける?

  通常、農地を取得した人は、その農地の存在する市町村の農業委員会に届け出なければなりません。 届け出の義務 農地法3条により、「農地について権利を取得したものは、遅滞なく、農業委員会にその旨を届け出なければな …

農地法3条許可の申請後、許可前に当事者が亡くなってしまった時

農地を他人に譲り渡すとき、通常、農地法3条の許可を得なくてはならないのはご存知のことと思います。 所有権の移転についてこちらで詳しく解説しています ⇒こんなときは許可が必要です。所有権を移転するとき 農地を売買したいとい …

農地転用|青地を白地へ変えてほしいんです|農振除外とは

もしあなたが宅地などに転用したいと思っている農地が、「農用地区域」にはいっていたら・・・これはちょっと大変です。 なぜなら農用地区域というのは「農業振興地域の整備に関する法律」(農振法)により長期に渡り農用地等として利用 …

農地転用|よく見るけど専門用語? 線引き(せんびき)とは

  あなたはもしかすると、農地転用をしたい農地があって、「都市計画区域」や、「市街化区域」や「市街化調整区域」を調べていて、頻繁に出てくる「線引き」という言葉に疑問を持ったのかもしれません。 当たり前に使われて …

農地転用|農地のことなら全ておまかせ!農業委員会とは

  農業委員会とは 農業委員会は農地法に基づく農地の売買・貸借の許可、農地転用案件についての相談などを中心に農地に関する事務を行う行政委員会で、市町村に置かれています。 ただし、市町村の行政機関ではありますが、 …

農地転用|どうしても欲しい!農地法5条の許可

農地法3条、4条、5条の許可で一番多く行われているのは5条の許可です。 ここではどうしても農地を転用して宅地にしたい方のために必要な知識として農地法5条を詳しく見ていきます。 制度の趣旨 農地法の5条は転用と権利移動がと …

農地転用|自分でできる!農地法5条の転用届出手続きの全体像

もしかしたら今、あなたは自分の農地を売りたいと思っているかもしれません。農地のままで売るよりも、宅地にしたほうが高く売れるのでその手続をどうしたら良いか調べているところでしょうか。 そんなあなたに読んでいただきたく、ここ …

農地転用|くわしく説明します。農地転用許可基準について

  農地転用には2つの種類があります。それは農地法4条で定める所有者自らが行うものと、同じく5条で定める売買などの権利移動を伴うものです。 もっとも農地法により定められているとはいえ、その周辺の法律(施行令・施 …

農地転用|市街化区域・市街化調整区域とは

  農地を宅地などに転用をしたいあなたにとって、「目的の農地がどこにあるのか、何に区分されているのか」は非常に興味があることだと思います。 つまり、簡単に転用できる区域なのか、そうではなく手強そうな地域なのかと …

« 1 2 3 4 »
静岡県の許認可専門の行政書士
当事務所は、各種許認可手続き専門の行政書士事務所として、富士市を中心に県内全域に対応し、迅速・確実な法務サービスを提供しております。

くりくり行政書士事務所
416-0923
静岡県富士市横割本町14-2 2階
電話番号0545-88-1285
業務に関する
ご質問・ご相談はお気軽に。

いいね!をお願いします!

最近の投稿

PAGETOP