静岡県での建設業許可・産廃業収集運搬は、くりくり行政書士事務所にお任せください!

2020年4月から、喫煙できるお店にするには届出が必要です!

  • HOME »
  • 2020年4月から、喫煙できるお店にするには届出が必要です!

屋内に喫煙場所を設置する場合は標識掲示義務化

飲食店を経営の皆さん、ご存知ですか?

静岡県では2020年4月1日から、タイトルの通り屋内でタバコ(加熱式タバコも含む)を吸える場所には、決められたマークを貼らなければいけないということになりました。

いま、タバコを吸える場所はどんどん少なくなり、愛煙家は肩身が狭い思いをしています。

私はタバコを吸わないのですが、値段もドンドン上がる上に、吸う場所がごく一部に限られる愛煙家の方のやるせない気持ちは想像できます。

そこにきてこの受動喫煙防止条例で、こんどは愛煙家を受け入れる飲食店側が選択を迫られています。

確かにタバコは健康被害をもたらすのはまちがいありませんが、法律で規制したからといって、すぐに全員が禁煙できるわけでも有りません。禁煙する気がないという考えの人もいるでしょう。

もしどこにも吸える場所がないのであれば、隠れて吸ったり、そもそもルールを守らないで吸う人も多くなりそうですよね。

また、別の面から考えると、タバコを吸いたい人は、堂々と吸える場所を探しているとも言えます。

もし、あなたの飲食店が、愛煙家が多く来る店だったら、思い切って、全面喫煙可にしてみるのもいいと思います。

タバコを吸いたい人しか来ないので、煙はあるかもしれませんが、嫌がる人がいない平和な店内ということになりませんでしょうか。

むかしは喫煙など当たり前だったことが、今ではこれをするだけで差別化となり、お店の賑わいに貢献してくれる可能性があります。

お店を喫煙可能店とする場合は届け出が必要

タバコを吸えないお店、またはすでに喫煙専用ルームを設けているお店でしたら届出は必要ありません。

1年ほど前に保健所から送られてきた該当するステッカーをお店の見えやすいところに貼れば完了です。

しかし、飲食する店内でタバコを吸えるお店にする場合には、届け出が必要です。

BARや居酒屋さんなど、一度ご確認ください。

すでに書類申請の期限は過ぎています(2020年3月31日)。ですが、まだ今なら書類が遅れたことへの罰則などは有りません。窓口で怒られるようなことも有りませんので、大丈夫です。

今はコロナで厳しい状況だと思いますが、収まれば、市民の美味しいお酒を飲みに行きたい気持ちが爆発して、反動がかならず来るはずです。その時を待ちつつ、準備しましょう。

 

富士市、富士宮市限定で代行します。

書類作成や提出しにいくのが面倒くさい店長さん、私がかわりに行うこともできます。

下記の要領でお気軽にご連絡ください。

 

ご依頼の流れ

①まずはお電話かメールフォームからお申し込みください。

②お店の名前や営業許可番号を教えて下さい。

③ヒアリング内容に基づいて、行政書士が書類を作成いたします。

④お支払いをお願いいたします。

⑤お支払いが確認できましたら、書類を保健所に提出してきます。

⑥届出後、ステッカーをお渡しして完了です。

最短で当日中に完了できます。ステッカーをお店の見えやすいところに掲示してください。

 

コロナの影響でも頑張るお店さんを応援価格!!

15,000円⇒9,900円(税込み)

あなたは必要情報をFAXかメールか電話で伝えるだけ。面倒な作業は全部代行いたします。

お気軽にお電話ください!

お問い合わせはお気軽に! TEL 0545-88-1285 受付時間 9:00~17:00
土・日・祝日除く

PAGETOP