アイコンOK ◆◆◆◆◆建 設 業 の 許 可 取 得 を お 手 伝 い◆◆◆◆◆
【広告】建設業許可の申請 個人 100,000円!スグに対応いたします!

きちんと連絡しっかりサポート!くりくり行政書士事務所にお任せください

 

軽油を大量に使っている方には朗報です。

軽油には1リットルに付き32.1円の軽油引取税がかかっているのですが、ある特定の事業者が定められた用途のために軽油を使う場合に、一定の手続をすることで、この32.1円分が免除になります。

これを免税軽油といいます。

こちらの記事では免税軽油について詳しく解説していきたいとおもいます。

軽油引取税の課税免除(免税軽油)の制度とは

軽油引取税は、軽油を買うときにかかる県の税金です。1リットルあたり32.1円がかかっています。県の税金ですから、都道府県ごとに細かな運用のちがいがあるようですが、32.1円というのは全国共通です。

また、この制度は期限が定められた制度ですが、これまで3度の延長があり、現在は平成33年3月31日までとなっています。その後についてはその時になってみないとわからないという状態です。

軽油1リットル120円~140円ぐらいが現在の相場ですが、そこから32.1円が引かれるというのは非常に魅力的な制度ではないでしょうか。

 

対象となる事業者

これだけお得な制度なので、だれでも利用したくなると思いますが、やはりそこは誰でもいいというわけにはいきません。

繰り返しになりますが、法律によりきめられた特定の事業者が特定の用途に使用する軽油に限り、免税となります。本当にその事業をおこなっているという証明になる書類を提出し、申請の手続きが必要になります。

軽油を使って動かす機械・車両・設備も登録します。

次の方々は該当する書類のコピーが必要になります。

事業者証明書類等
漁船動力漁船登録表
(裏表をコピー)
船舶船舶検査証書(船籍票でも可)
船舶検査手帳
鉱物の採掘事業
砂利の場合
岩石採取計画許可通知
土石(砂)採取計画許可通知
とび・土工工事業一般建設業の許可証
その業務が前事業の8割以上であることを証明するもの(建設業変更届出書)
セメント製品製造業事業所案内等のパンフレット
港湾運送業港湾運送許可通知
(許可を受けている場合)
倉庫業倉庫業許可状
廃棄物処理事業廃棄物処理業許可証
木材加工業
木材市場業
木材加工は業務が全事業の8割以上であることを証明するもの
たい肥(バーク堆肥)製造業特殊肥料生産業者届出書
当該業務が全事業の8割以上であることを証明するもの
航路標識等無線局免許状
索道事業特殊索道事業許可書
鉄道にかかる貨物運送取扱事業・鉄道貨物積卸業貨物運送取扱事業法に係る許可状
電気供給業電気事業許可状
生コンクリート製造業事業所案内等のパンフレット

 

手続きの流れ

手続は2段階になっています。

まず県が、あなたが軽油を免税の用途につかう者であることを認定します。この認定を受けえたことを証明するのが免税軽油使用者証です。この免税軽油使用者証を申請する手続をします。

免税軽油使用者証の申請に必要な書類

①免税軽油使用者証明書交付申請書

②事業内容の証明(上の表に示した証明書です)

③使用者の存在の証明

④機械所有の証明

⑤写真

⑥機械の仕様の証明

⑦誓約書

⑧謄本の写し(役員の住所記載)または役員の一覧 (法人)

となります。

 

次に免税証の手続です。免税証は軽油の販売店に対して使うもので、買った軽油を免税の用途に使うことについて県の認定を受けていることを証明するための書類です。

免税証申請に必要な書類

①免税証交付申請書

②免税軽油使用者証

③免税軽油使用見込数量調

④謄本の写し(役員の住所記載)または役員の一覧 (法人)

 

注意事項

なんで同じような申請を2回もするんだろうと思われた方もいらっしゃると思います。

免税軽油使用者証と、免税証にわざわざ証を分けたということは、こういう意味です。

免税軽油使用者証はその使用者(人)について県が認めているという書類で、

免税証は上記の使用者が買った軽油の使用用途について県が認めているということを示す書類です。

コレを合わせると、県に認められた人が、県に認められた用途に限ってつかう軽油に対しては免税にしますよ、ということになります。この場合以外はみとめられません。

つまり、具体的には次のような使い方はいけませんということになります。

免税軽油使用者が買った免税軽油を他の用途に使う

免税軽油使用者証を他の者が借りて免税軽油を買う

免税軽油使用者が買った免税軽油を入れた重機を他人に貸す

以上のような場合、脱税行為に該当してしまいますので、注意しましょう。

 

使用状況の報告

購入して、使ったらそれで終わりというわけにはいきません。免税というメリットを得る為には、少々手間がかかることになります。それが毎月の使用状況の報告です。

毎月の免税軽油の使用状況を、翌月末までに財務事務所に報告しなければなりません。

提出書類は

  1. 免税軽油の引取等にかかる報告書
  2. 免税軽油使用状況明細表
  3. 給油伝票の写し

の3点です。報告書の作成は毎月行います。(使用がない月は「0」で報告書を作成します)

なお、免税軽油の年間使用料が12キロリットル未満の者(1年間の実績がない場合は1ヶ月あたりの使用量が1キロリットル未満の者)は6ヶ月分をまとめて提出することができます。

報告書の作成例を張っておきます。

 

どれぐらいお得?

仮に、とび・土工工事業者がつかうショベルカーで考えてみます。

こちらを参考にさせていただきました。
各種重機の給油水量一覧(北海産業株式会社様)

燃費:10リットル/時間

稼働:6時間/日、20日/月

台数:2台

の場合、

10L×6時間×20日×12ヶ月×2台×32.1円=924,480円

年間90万円以上も得することになります。

これぐらいのメリットがあれば、申請の手続きや毎月の報告は苦にならないのではないでしょうか。

申請手続がよくわからない場合は近くの専門家に依頼することも一つの方法でしょう。

 

まとめ

免税軽油の制度はいつも期限付きですが、更新されてました。しかし次の更新があるかどうかはわかりません。

大量の軽油を使う事業者にとっては、とても大きなメリットがある制度ですので、是非利用してみてはいかがでしょうか。

 

アイコンOK【広告】建設業許可新規100,000円〜OK! スグに対応いたします!
迅速・丁寧・わかりやすく説明します!許認可申請のことなら、くりくり行政書士事務所にお任せください!

あなたの求める情報はこのページにありましたか。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
 私は、静岡県以外にお住まいの方たちを含めて、全国のみなさんにお役に立てる情報を提供するべく、少しずつではありますが、知っていることの全てを共有しようとコツコツ記事を発信しています。
しかしながら、
行政の出す許認可の申請は揃える書類も膨大で、初めての方では迷うポイントも多く一筋縄ではいかない場合が多いです。
 また、都道府県、市町村によって求められる書類が違うという現状もあります。

もしあなたがビジネスを大きく成長させるために許可を取ることを決意されたのであれば、お手伝い出来る可能性が高いです。

 あなたの熱い想いをサポートさせてください。なるべく最短で実現できるよう、私も全力で取り組むことをお約束します。
細かくて面倒な書類の収集作成は私に丸投げして、その時間をまるまる、あなたしか出来ない事業拡大への営業活動にあててください。

静岡県内全域ご対応いたします。

熱いご依頼をお待ちしております!