アイコンOK ◆◆◆◆◆建 設 業 の 許 可 取 得 を お 手 伝 い◆◆◆◆◆
【広告】建設業許可の申請 個人 100,000円!スグに対応いたします!

きちんと連絡しっかりサポート!くりくり行政書士事務所にお任せください

やり直しというのはどんな場面でもあるものだと思います。

もちろん、一度でバッチリ完成できるのが一番いいですし、そうできるように努めている場合がほとんどだと思います。しかしうまくいかないこともありますよね。

建設工事においても、いくら皆さんプロの職人さんと言えども、人間のやること、ましてや多くの人が関わる場面では手違いも起こってしまうこともあると思います。

この記事ではそういった場合に起こりえるやり直し工事について、ガイドラインにそって、なるべくわかりやすい言葉で解説していきます。

 

こんなケースは建設業法上違反となるおそれがあります

まずはじめに、こんな場合が違反となるおそれがあります。

元請業者が、元請業者と下請業者の責任や費用負担を明確にしないままやり直し工事を下請業者に行わせて、その費用を一方的に下請業者だけに負担させた。

 

ここでは費用負担を明確にしていないことが問題です。また、明確にしていたとしても一方的に下請業者に負担させたことがいけません。

ガイドラインにおいて、やり直し工事は原則として、

  • 元請業者の費用負担で行うこと
  • 下請業者の費用負担で行う場合は一定の条件に合致すること

とされています。

 

下請業者の責めに帰す場合を除き、元請業者が負担する

元請業者は下請工事の施工に関して、下請業者と十分な協議を行い、明確な指示をだして工事のやり直しが発生しないように努めるべきです。ほとんどの現場ではそうされていることと思います。

しかしそれでもやむを得ず、下請工事の施工後にやり直しを依頼する場合には、下請業者の責めに帰すべき理由がある場合を除いて、このやり直し工事に必要な費用は元請業者が負担する必要があるとされています。

アイコン-チェック責めに帰す(せめにきす)とは
法律によく出てくる用語で「責任を追わなければならない」というような意味です。例えば、決められた順序を守らなかったとか、契約内容と違う施工をしたなど、そうなったことについて責められても仕方ないような理由がある場合のことです。

 

 

責めに帰さないやり直し工事を依頼するときは契約変更をする

下請業者に責めに帰す理由がない場合で、下請工事の施工後に工事のやり直しを依頼するときには、元請業者は速やかに下請業者と費用について十分な協議をしたうえで、もともとの契約内容を変更する必要があります。これがフェアーなやり方です。

 

下請業者に一方的に費用負担させるのは✕

もしも上記のような変更を行わないでやり直し工事を下請業者に行わせると建設業法違反が疑われます。

具体的には、下請業者にやり直し工事の費用を一方的に負担させることで、下請代金の金額が当初の工事とやり直し工事を施工するために「通常必要と認められる原価」に満たない金額となる場合は建設業法19条の3の「不当に低い請負代金の禁止」に違反するおそれがあります。

また、そこまでいかなくてもこのやり直しによって元請業者が下請業者の利益を不当に害したと判断される場合には28条1項2合の「請負契約に関する不誠実な行為」に該当するおそれがあります。

「通常必要と認められる原価」についてはこちらで解説しています
安すぎない?不当に低い請負代金とは

 

では下請業者が全部負担する場合とは

下請業者に責めに帰すべき理由があるとして元請業者が費用を全面的に下請業者に求めることが出来るのは、次の場合だけです。

  • 下請業者の施行が契約書面に明示された内容と違う場合
  • 施行に欠陥・不具合・通常通りに機能しない部分など、がある場合

なお、ほとんど言いがかりともとれるような、次のような場合には認められません。

  • 禁止_02下請業者から施工内容を明確にして欲しいとの求めがあったのにもかかわらず、元請業者が正当な理由なく明確にせず、継続して作業を行わせ、その後、下請工事の内容が契約内容と違うとする場合。
  • 施工内容について下請業者が確認を求め、元請業者が了承した内容に基づいて施工したにもかかわらず、下請工事の内容が契約内容と違うとする場合。

 

まとめ

いかがでしょうか。

建設業法は下請業者を守る規定を多く置いています。それは裏を返せば元請業者がどうしても強い立場にあるからです。元請業者も競争の社会で生き抜いていかなければなりませんから、シワ寄せはどうしても下請業者に向かってしまうと思うのです。

まずはやり直し工事のないようにしっかりした体制を作ることと、元請下請間でのコミュニケーションが大切ではないでしょうか。責任を押し付けるのではなく、win-winの関係が理想ですよね。

 

アイコンOK【広告】建設業許可新規100,000円〜OK! スグに対応いたします!
迅速・丁寧・わかりやすく説明します!許認可申請のことなら、くりくり行政書士事務所にお任せください!

あなたの求める情報はこのページにありましたか。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
 私は、静岡県以外にお住まいの方たちを含めて、全国のみなさんにお役に立てる情報を提供するべく、少しずつではありますが、知っていることの全てを共有しようとコツコツ記事を発信しています。
しかしながら、
行政の出す許認可の申請は揃える書類も膨大で、初めての方では迷うポイントも多く一筋縄ではいかない場合が多いです。
 また、都道府県、市町村によって求められる書類が違うという現状もあります。

もしあなたがビジネスを大きく成長させるために許可を取ることを決意されたのであれば、お手伝い出来る可能性が高いです。

 あなたの熱い想いをサポートさせてください。なるべく最短で実現できるよう、私も全力で取り組むことをお約束します。
細かくて面倒な書類の収集作成は私に丸投げして、その時間をまるまる、あなたしか出来ない事業拡大への営業活動にあててください。

静岡県内全域ご対応いたします。

熱いご依頼をお待ちしております!